賃貸保証会社の審査に落ちてしまうのは

10月 16th, 2019 by admin
Categories: 不動産・賃貸

家賃保証会社の審査に落ちてしまうのはどういった場合でしょうか?

最大の要因は収入でしょう。いくら一時的に家賃を保証してくれるといっても、最終的には自分で支払わなければなりません。
職歴に問題があったり、家賃滞納歴が有る、生活保護受給者などは審査に落ちてしまうことがあります。収入が不安定な個人事業主や、収入に対して高すぎる家賃の物件を契約しようとする場合も審査に落ちてしまいます。一般的に、家賃は収入の30パーセント以内が理想的だと言われています。これを超えてしまうと、家賃滞納によって、賃貸保証会社が督促を行わなくてはならない状態に陥る可能性があると判断される場合があります。また、過去の携帯電話料金や家賃の滞納歴や、自己破産経験の有無なども審査の対象となり、継続的な家賃の支払いが困難だと判断されてしまえば審査に落ちてしまいます。クレジットカードが止まったことのある人や、免許証の再発行が多い人なども落ちることがあるので注意が必要です。

また、固定電話も携帯電話も持っていないことで督促が困難になったり、精神疾患を持っている場合は督促時のやりとりが困難になることが考えられ、審査に通らないこともあります。

しっかりと確認をして、身の丈に合った賃貸契約を結ぶことが大切です。

フォーシーズは、審査承認率が98%以上と非常に高く、収入面で不利な立場にいる方々に多く利用されています。

Leave a Comment